安全に関する取り組み

トップ >  安全に関する取り組み

厚沢部観光バスの安心・安全への取り組み

厚沢部観光バスでは
お客様に安心・安全な旅を
ご提供するため
様々な取り組みを行っております

貸切バス事業者安全性評価認定制度で1つ星に認定されました。

運輸安全マネジメント

輸送安全方針

■基本方針
『私たちは、安全安心なバス輸送を追及します』
■安全方針

有限会社マルジュウ高田 厚別部観光バスは、輸送の安全確保が自動車輸送事業者の社会的使命と深く認識し、社員に輸送の安全確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的改善に努めるため、次のとおりに安全方針を定め、周知徹底する。

  • 経営者は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを認識し、社員の輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また、社内において、輸送の安全の確保に主導的な役割をはたします。
  • 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務の遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めます。
  • 輸送の安全に関する情報について、公表します。
  • 安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施、PDCAサイクルにより継続的に見直しと改善に努める。

    平成29年10月1日
    有限会社マルジュウ高田
    代表取締役 高田 一弥

重点実施事項

  • 危険を感じたら止まる
  • 飲酒運転撲滅と交通法令違反根絶
  • 違法薬物乱用の根絶
  • 安全運行の為の厳選な点呼の実施
  • 車両点検整備の確実な実施
  • 気象情報・道路情報の周知徹底
    視界不良時は減速又は停止し追突・衝突事故を防止に努める
  • シートベルトの着用の実施
  • 道路状況に合った車両距離の保持(3秒ルール)
  • 交差点の右左折では最徐行又は、一旦停車で他車や歩行者の保護に努める
  • 運行指示書の遵守
  • 心身の健康管理を充分に図り、安全運転に努める
  • 乗車時・降車時の挨拶と安全の徹底

平成28年度輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

平成28年10月1日~平成29年9月30日
目  標 達成状況
1、3悪(飲酒運転・無免許運転・無車検運行)の撲滅 0件
2、死亡事故・重大事故 0件 0件
3、物損有責事故 0件 0件

 

平成29年度輸送の安全に関する目標

平成29年10月1日~平成30年9月30日
目  標
1、3悪(飲酒運転・無免許運転・無車検運行)の撲滅
2、死亡事故・重大事故 0件
3、物損有責事故 0件

※重大事故:自動車事故報告規則第2条に規定する事故(被害事故を除く)

安全対策

  • 全車両にIP無線を設置

    全道無線による通話が可能
    GPSにより全車両の位置確認
    全車両の動態と車速を逐次、運行管理者が把握

  • 全車両にデジタルタコグラフおよびドライブレコーダを装備
  • 車両入れ替え計画を策定し出来うる限り、社会・経済状況を考慮しながら新車導入を進める
  • 新車導入時には、ASV(衝突被害軽減ブレーキ等)装着車両を導入する

IP無線

TOP